青の洞窟には歩いて行けるの?

 

はいさい!沖縄のダイビングショップ、スモールフィッシュです。

沖縄でのダイビング・シュノーケリングというとまっさきに『青の洞窟』を思い浮かべる人が多いんじゃないでしょうか?

いろんな雑誌やネットに取り上げられてますが、実際どんなロケーションなのか気になりますよね。

そんななか、「青の洞窟まではどうやって行くんですか?船?泳いで?」という質問をいただくことが多いので今回は青の洞窟まではどうやって行くのか、お伝えしていこうと思います^^

青の洞窟があるのは、ココ!

 

上の写真を見てもらうとわかるように青の洞窟は、高い崖沿いにあります。
手前の階段は、真栄田岬の施設から海に続く階段。

「ビーチエントリー」と「ボートエントリー」の2つの中から青の洞窟へ行く方法を選ぶことが出来ます。

「ビーチエントリー」は、恩納村真栄田岬の施設から約100段の階段をおりて海に入る方法。

「ボートエントリー」は、真栄田岬近辺にある漁港からボートに乗って青の洞窟の近くまで行って海に入る方法。

よく勘違いされている人が多いのですが、青の洞窟の中へはボートは入れません。
あくまでも近くまではボートで行って海に入ったら、ダイビングでもシュノーケリングでも泳いで行かないと洞窟までは行くことができないんですね。

 

ビーチエントリーから青の洞窟まで行く2つの方法

ボートエントリーでは、必ず泳がないと青の洞窟に行くことはできませんが、ビーチエントリーは2つの方法から選ぶことができます。

1つは、ボートと同じように泳いで青の洞窟まで行く方法

ただボートは比較的、洞窟の近くから海に入るので泳ぐ距離もたいした距離ではないですが、ビーチから階段を下りて入ると洞窟までの距離は約150m。

ボートよりは、長い距離を泳がなくちゃいけないというわけです。

そこで、ビーチエントリーで選べるもう1つの方法が、歩いて洞窟まで行く方法

さっきの青の洞窟の場所を説明した上からの写真じゃなく下からの写真を見てみると、崖沿いに人が歩ける道があるんです。

 

これは人工的に造られたものではなく、長い年月をかけて波によって岩が削られてできた自然が作り出した青の洞窟への道。

ここをテクテク歩いていくと青の洞窟まで行くことができます。

ただし歩いて行く時は、尖った岩の上を歩いたり、手で触ったりしながらになるので、例えば水着にサンダルと言ったような軽装備だと岩で体が切れてしまったりするので、しっかりとした装備じゃないと危険です。

 

実は歩いて行くのも結構大変!?

歩いて青の洞窟まで行けると聞くとこっちの方が楽ちんな気もしますが、実は青の洞窟までの道のりはそこまで楽ではありません。

まっすぐな道をただ歩くわけじゃなく、デコボコしている道や洞窟内も足場が悪いところもあるので一概には泳ぐよりも歩いた方が楽とは、言えないんですね。

特に夏場に青の洞窟まで歩いているとかなり暑いです。

ダイビングショップのツアーの場合、ウエットスーツを着て歩くので「早く海に入らせてくれ~」って思うくらい大汗をかきます。(笑)

 

なので、当店は基本的には夏場は歩かずに泳いで青の洞窟ツアーを開催しています。
(海洋状況によって例外もあります。)

「ずっと泳ぎ続ける体力に自信がない」という方も結構いらっしゃるのですが、スタッフが浮具を持っているので掴まっていてもらえれば、ただ浮かんでいるだけでいいので特に疲れずに青の洞窟に行くこともできますよ^^

 

個人で青の洞窟に行くときはしっかりとした装備で!

青の洞窟までは歩いて行くこともできますが、先程も言ったように洞窟までの道のりは切れやすい岩場や足場が悪いところを歩かなくちゃいけません。

個人で歩いて行く場合は、底がしっかりとしたマリンブーツや厚手のラッシュなどの装備をしっかりとして行くことをおすすめします。

装備を準備したり、個人で行くのが不安な方はダイビングショップのツアーに申し込んで行くのが良いと思います。

もちろん当店でも毎日青の洞窟ツアーを開催中なのでいつでもご予約くださいね^^

 

 

最後に・・・

青の洞窟に歩いて行きたいという人の大半は泳ぎに自信がない人が多いのですが、実は水泳がものすごくへたくそでも、体力に自信がなくても、みささん歩かずに洞窟に行けてるんです。

その理由とは・・・続きを見る


 

 

 

2018年06月02日