全く泳げない人みんなが青の洞窟を楽しんでるワケ

 

はいさい!沖縄のダイビングショップ・スモールフィッシュです。

せっかく沖縄に来たからには有名な青の洞窟に一度は行ってみたい。そう思う方はとても多いんじゃないでしょうか?

でもそこで、出てくるのが「泳げないのに海に入って洞窟に行けるのかな?」という不安。

今回は、はたしてダイビングもシュノーケリングも、泳げないとできないのか?というのをお話してきましょう。

 

実はダイビングもシュノーリングも泳力は全然関係ない!?

どうしても泳げないと、ダイビングやシュノーケリングができないと思ってしまいがちですが、実のところ泳げる、泳げないは全然関係ありません。

なぜなら、泳げない人の1番の原因は、うまく息継ぎができないから。

もし、あなたも泳ぎが苦手というのなら、息継ぎがうまくいかずに水を飲んでしまって泳げない。というのが原因じゃないでしょうか?

 

そして、ダイビングとシュノーケリングは、どちらも息継ぎをする必要がありません。

ダイビングの呼吸方法

ダイビングでは、空気の入ったタンクを背中に背負って海の中を泳ぎます。
呼吸器をくわえて呼吸しているので、口の中に水が入ってくることもないんです。

口に水は入らないし、呼吸器をくわえていれば息を吸ったり、吐いたりするのは自分の自由。

普通に陸上で口で呼吸しているのと、ほとんど変わらないってことです^^

シュノーケリングの呼吸方法

シュノーケリングは、水中マスクの横についている筒状のシュノーケルをくわえて呼吸します。
イメージは忍者が立て筒をくわえて呼吸しているような感じですね。(笑)

これも基本的には、筒の先っぽが水面にでているので息継ぎをする必要がなく、水に顔をつけたまま普通に呼吸ができます。

ただし、筒の先っぽが水につかってしまうと当たり前ですが、中に水が入ってきてしまうので注意がひつようです。

ポイントは、水中を見る時は少し前の方を見るようにしましょう。
そうすれば、先っぽが水につかることもないので水が入ってくる心配もありません。

 

バタ足もできなくて大丈夫!

「呼吸が普通にできるのはわかってちょっと安心したけど、でも泳がなくちゃいけないんでしょ?」

確かに呼吸ができてもちゃんと泳げるかどうかは、不安になっちゃいますよね。

バタ足がヘタで全然進まない、体力がなくてすぐに疲れちゃう、そんな時はツアースタッフにお任せください!

 

ダイビングでは、スタッフがお客様を直接引っ張って泳ぐのをサポート。

お客様はゆ~っくり疲れないペースで足を動かしてもらうだけで大丈夫です^^

 

シュノーケリングでは、スタッフが持っている大きな浮具にロープがついているので、それに掴まってプカプカしているだけで水中世界を楽しめちゃいます。

ライフジャケットもつけているので絶対沈まないから安心ですね。

 


泳げない人ほどめちゃくちゃ楽しめる水中世界

泳げなくてダイビング、シュノーケリングを諦める人がいる一方で、勇気を出してチャレンジする人もいっぱいいます。

実際、当店に来て下さるお客様も「実は、泳げないんですけど大丈夫ですか?」と聞かれることがすっごく多いです。

そんなときは、上に書いたように安心して呼吸できますよ。というのを伝えたり、陸上でしっかりと不安要素をなくしてから海に入ってもらえるようにしています。

そして海に入る前は、自分は泳げないから不安・本当に自分にできるかな?とおっしゃっている人も海から上がってくると「楽しかったぁ~!!」「最高!!!」と沖縄の綺麗な海、青の洞窟を楽しんでもらっています。

多分、泳げないから水に接する機会が少ないぶん、より水中世界に感動するんじゃないかな、と僕は思います^^


そしてここだけの話ですが、ダイビングのライセンスを持っている人も実は普通に泳げない人が多いんです。

ちょっとびっくりですよね。

それくらい泳力とダイビング・シュノーケリングは関係ないということです。

 

楽しむ気持ちだけあれば泳げなくても大丈夫!

ダイビングもシュノーケリングもそれぞれ、呼吸器、シュノーケルをくわえているので息継ぎがヘタで泳げない人でも全然問題なくできちゃいます。

泳げないからこそ初めて体験する沖縄の綺麗な水中世界に絶対に感動して、忘れられない思い出になるはずです。

当店は、初めてダイビング・シュノーケリングに挑戦される初心者の方にペースをしっかりと合わせて毎日ツアーを開催しています。

泳げなくてちょっと不安だけど、沖縄の海で遊んでみたい!青の洞窟の綺麗な景色を見てみたい!という気持ちが少しでもあれば、ぜひスモールフィッシュにご連絡ください^^

 

 


2018年06月03日